<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012年09月01日(土) by スポンサードリンク [ Edit ]
cetegory : - / - / - / -

心地良い孤独

 ある日突然もう一度聴きたくなるCDというものがあって、私の場合それはJ.S.バッハのフルートソナタ集だ。
 私が持っているのはランパル&ピノックの演奏のもの。初めて聴いたのは小学生か中学生の頃で、それからずっととりつかれたように突然聴いている。
 バッハであるところが好きだし、フルートで奏でられているところが好きだし、収められているどの曲にも感じる孤独なところが好きだ。

 孤独な感じ。

 言葉から連想するような寂しいものとは違う。凛として、ただ一つである感じ。
 例えば秋のくっきりと晴れた青空の下に一人でいるような。
 とてもシンプルな感じ。多分、あのフルートとチェンバロとチェロがごたごたになっていないところがそう感じさせるのだと思う。フルートがフルートとして、チェンバロがチェンバロとして、チェロがチェロとして、きちんとそれ一つとして存在しているところが。

 昨日の夜にもう一度聞きたくなった。数年ぶりに、全く突然に。
 そして今、まだCDをセットしてもいないのに頭の中ではフルートの音の断片が流れてきて、私は、あの少しひんやりとした心地良い孤独に包まれるところを思い浮かべて、うっとりしてしまうのだった。




人気blogランキングへ
人気blogランキングにエントリーしています。
よろしかったらワンクリックお願いします。
2006年10月08日(日) by yuri [ Edit ]
cetegory : 音楽のはなし / comments(4) / trackbacks(1) / -

もう一つの幸せの時間

 先日久し振りに実家に行ったのには、兄のお墓参りの他にもう一つ目的があった。それはフルートを吹くこと。
 最後に吹いたのはチビを産む前、職場で子どもにせがまれた時だから…もう10ヶ月近く吹いていなかった。

 最近見つけたとあるブログを読んでいるうちに、無性にフルートを吹きたくなってしまったのだ。
 チビがいるとのんびり吹く時間もないだろうと、楽器も楽譜も全部実家に置かせてもらっていた。おかげでフルートとはすっかり縁遠くなってしまっていた。

 実家に行って、チビが昼寝をしたら行動開始。
 チビが起きないように一番離れた部屋に行き、そっと楽器のケースを開ける。
 明るい銀色が目に飛び込んできて、ほんの一瞬、いろいろな記憶が頭の真ん中を過ぎっていった。

 父に突然手渡されたフルートのケースの重み。驚きと、嬉しさ。
 先生とのレッスン。1時間立ちっぱなしのレッスンに耐えられなくて座り込んだこと。
 中学校で始めた吹奏楽部。途中、人数の都合で他の楽器をすることになって、悔しくてポタポタ涙を落としたこと。
 縁あって出演させてもらったコンサート。同じくフルートをする従兄との再会。デュエット。自分のフルートの音が従兄の出す音に引っ張れるように、どこまでも伸びるように出せた、あの気持ち良い感覚。

 さすがに10ヶ月のブランクは音に出る。納得のいかない音。でも吹けることが嬉しい。

 バッハのフルートソナタをポツポツと吹いているところで、遠くからチビの泣く声が聞こえた。急いで楽器を片付けてチビのところへ戻る。起き抜けでべそをかいているチビを抱きながら時計に目をやった。
 30分。
 ほんの少しの時間。でも幸せな時間だった。




人気blogランキングへ
人気ブログランキングにエントリーしています。
よろしかったらワンクリックお願いします。
2006年05月11日(木) by yuri [ Edit ]
cetegory : 音楽のはなし / comments(0) / trackbacks(0) / -

バッハの好きになり方

 中学1年生で、尊敬する人はという作文を書く時に、私はバッハと書いた。原稿用紙に連ねた言葉を今でもくっきりと思い出すことができる。

 尊敬する人はJ.S.バッハです。なぜかというと、彼は音楽の父と言われているからです。

 あの時は本気でそう思っていて、つまり、私はかぶれていたのだ。音楽に。バッハの響きに。

 マイ・ファースト・バッハは「G線上のアリア」。
 行きつけの歯医者さんでよくBGMとしてかかっていたので、小さい時はずっと「歯医者さんの曲」と言っていた。本当は今でもこっそり「歯医者さんの曲」だと思っている。
 多分その時からもう好きになってしまったのだと思う。出会ってしまった、というか。

 いろいろな曲を聴いてきた。演奏してきた。
 ピアノ曲、フルートソナタ、ヴァイオリン小品、組曲、ミサ曲…。

 なのに私は、バッハをうまく語ることができない。
 熱く語る人たちが持っているような何か―もしかしたら知識なのかもしれないし、もっと違う何かなのかもしれない―が足りないような気がするのだ。私が語るなんておこがましい、と。

 だから私は、バッハのどういうところが好きなのかと聞かれても、うまく答えられない。困ってしまって、いつも妙なことを言ってしまう。

 大きくて、深いところが好き。

 まったくもって妙だ。でも、そうとしか言えなくて、言った後に一人で密かにうっとりしてしまうのだ。今も、密かに。

 そういう「好きになり方」が1人分くらいあってもいいと思う。




人気blogランキングへ
人気blogランキングにエントリーしています。
よろしければワンクリックお願いします。
2006年04月22日(土) by yuri [ Edit ]
cetegory : 音楽のはなし / comments(0) / trackbacks(0) / -

センチメント

 この間、携帯を変えた。
 今の機種は携帯で音楽が聞けたりするということで。私が使う携帯もそんな機能があるので、せっかくだから使ってみようと思ったのだった。

 ただでさえ最近の曲を聴かない私だけど、携帯で聴く曲は懐かしい曲にしてみようと思い、音楽配信のホームページをいろいろ見てみた。

 私にとっての「懐メロ」。TM NETWORK。
 初期の頃の曲が好きで、しっとりとした曲が好きだ。
 「HUMAN SYSTEM」というアルバムがあるのだけれど、その収録曲は私好みが多い。
 表題の「HUMAN SYSTEM」はW.A.モーツァルトのトルコ行進曲が絡めてあって、クラシックも好きな私のツボにぴったりくる。「Come Back To Asia」という曲も陰ながらいい味を出している。

 見ていたホームページで試聴することができたので、久し振りに聴いてみた。
 途端に…なんだか胸がぎゅっと締め付けられるような感じにおそわれた。せつないような、微笑ましいような、なんとも言えないあの感じ。

 もう帰れない場所に、心だけがふっと戻ったような気持ちだった。
 ノスタルジア。
 センチメント。
 そんな言葉が頭に浮かぶ。

 TM NETWORKの「TM」は「Time Machine」の略ということで(本当は別の意味があるらしいけど)、私にとっては本当にタイムマシンという感じだ。




人気blogランキングへ
人気blogランキングにエントリーしています。
よろしければワンクリックお願いします。
2006年03月14日(火) by yuri [ Edit ]
cetegory : 音楽のはなし / comments(0) / trackbacks(0) / -

music baton

 ハチからmusic batonが回ってきたので、今回は私のラブな音楽などのハナシを。


Question 1 朝目覚めた時に聴きたい曲
 その時々で変わりますが…。
 今は教育テレビのお馴染み番組「ピタゴラスイッチ」の『アルゴリズム体操』で起きてます。ウチのチビも聞けば泣きやむくらいに染まってきました。

Question 2 故郷を思い出す曲
 『ふるさと』。ベタですが…。職場で子どもたちが合唱したときは涙出ましたよ。意外と母校(小学校)の校歌でも故郷を思い出しますね。

Question 3 スポーツ・勉強を頑張ってる時に聴きたい曲
 スポーツの時はアルバム『10YEARS 100HITS』100曲どれでもOK。ダンスな曲でガンガンと。勉強の時は…角松敏生のアルバム『TIME TUNNEL』の『匂い』や『Realize』など。卒論を書いていた頃を思い出しながら。

Question 4 落ち込んだ時、元気出したい時に聴きたい曲
 無理に元気は出さない性質なので…ラフマニノフの『ピアノ協奏曲第2番』や、ヴァイオリン曲で、ヴィターリの『シャコンヌ』で浸ります。

Question 5 ベスト・オブ・サマーソング
 JUNGLE STYLEのアルバム『Party,Party,Party』の『LADIES NIGHT』。夜遊びをしていた頃によく聴いていたので、今でも夏の夜の感じがします。あとはPERSONZの『CAN'T STOP THE LOVE』。何だか、私の中で熱い感じがするので。

Question 6 ベスト・オブ・ウィンターソング
 globeの『DEPATURES』。CMのせい?私の中の冬の歌。

Question 7 クリスマスの歌で好きな曲
 坂本龍一の『Merry Christmas Mr.Lawrence』。毎年12月になると携帯の着メロはこの曲になります。

Question 8 結婚式で流したい(流したかった)曲
 パッヘルベルの『カノン』とJ.S.バッハの『G線上のアリア』。どっちも使いましたよ。『G線上〜』は主人のピアノと私のフルートで。

Question 9 カラオケでメンズ(ガールズ)に歌ってほしい歌
 福山雅治の『桜坂』。…今ふっと聴きたくなったので。あとはスガシカオの『イジメテミタイ』。聴いてみたい。

Question 10 カラオケで気になる異性がいる中で自分だったら歌わないかも…
 あんまり気にせず何でも歌います。あぁ…でも米米クラブの『あたいのレディーキラー』などはちょっと止めておきますね。歌詞をご存知の方は頷いてくれると思うのですが。好きだけど…引かれちゃいそうなので。

Quesion 11 クルマで聴きたい曲
 これは!たくさんありますよ!!あんまりあるので、アルバム名を紹介します。
 アンルイス『WOMANISM』、テイトウワ『SOUND MUSEUM』、double『GREATEST REMIX』、バービーボーイズ『B7』、あとは'80〜'90のディスコナンバー。基本的にナツメロが聴きたいです。

Question 12 他のみなさんからのQ

瑠璃Q「思い出の曲は?」
 globeの『Can't Stop Falin'in Love』。
 「俺…この曲好きだよ。」と妙にぎこちなく彼が言った時、初めて「あぁ、この人は私のことを恋人だと思ってくれてるんだ。」と知りました。一回り以上歳の離れた彼と付き合って2年くらい経った頃のことです。

コウQ「今日は恋人が部屋に遊びに来ます。キスくらいはある予感。そんな時流す曲は?」
 あまり邪魔にならないジャズですね。Joe Hendersonの『BLUE BOSSA』、Bud Powell『CLEOPATRA'S DREAM』など。それか坂本龍一のピアノソロで何かを。

さゆQ「お風呂で口ずさむ曲は?」
 NOKKOの『人魚』『ライヴがはねたら』。湯気に包まれると、ついつい歌いたくなる曲です。

みほQ「アニメで好きな曲は?」
 前にものすごく流行った「エヴァンゲリオン」で使われていた曲で、『THANATOS(~If I can't be yours)』。さらさらとした感じが好き。

ハチQ「カラオケの十八番は?」
 アンルイスの『六本木心中』。これはもう即答です。景気付けの一発ってな感じで。あとはまぁ、男性ヴォーカルのものをチョボチョボと…。


 意外と考え始めると時間がかかってしまいました…。
 改めて見ると、自分の好きな曲の傾向がわかりますね。とにかく私はナツメロなんだなぁ…と。最近の曲に疎いことがバレバレです。
 曲は記憶と深く繋がっているから、選んだ1曲1曲に思い出がありますね。さすがにここに書くと途方に暮れてしまいそうなのでやめておきますが。そのうち、機会があったらここに曲の思い出でも書いてみようかと思います。




人気blogランキングへ
人気blogランキングにエントリーしています。
よろしければワンクリックお願いします。
2006年03月01日(水) by yuri [ Edit ]
cetegory : 音楽のはなし / comments(0) / trackbacks(0) / -

1